【犬スペシャル】琉球犬に会いたい①

Pocket


地の犬を、その土地でみたい
私たちの日本には、各地にたくさんのご当地言葉や文化があるように、その土地の「犬」もいます。

もっともメジャーなのは、国の天然記念物に指定されている6犬種でしょうか。
:北海道の「北海道犬」。*別名アイヌ犬。ソフトバンクのお父さん犬で有名。
:秋田県の「秋田犬」。*忠犬ハチ公で有名。
:本州各地に分布する「柴犬」。
:山梨県の「甲斐犬」。
:四国の「四国犬」。
:紀伊半島の「紀州犬」。
そして、この国指定天然記念物以外にも、県の記念物指定されている犬種もいます。例えば甲州柴犬系の一種とされる「川上犬」や、今回の主役、沖縄県の「琉球犬」です。

今回、沖縄に行くにあたり、長らく拝見してみたいと思っていた琉球犬をぜひ取材しよう、と考えました。というのも、年に何度も沖縄に行っているのに、「琉球犬」を生で見たことがないのです。つまり、ちゃんと狙い定めていかないと出会えないのが「琉球犬」なんですよね。

日本犬は「文化財」
さて、こういう時、私は迷わず県庁に電話しちゃいますよ! 「どなたかご存じないでしょうか?」なんて言って遠慮なく縋り付くと、たいがい親切に教えてくれるんです。

今回も県庁に電話しましたら、なんと『文化財課』にまわしていただきました。
なるほど、そうか…。
犬の天然記念物、というのは『文化財保護』の範疇なんですね!

確かに、野生動物じゃないですから、言われてみたらその通りなんですけど、この一事は、「犬」という存在が人間にとってどんなものなのか、を教えてくれます。「犬」の種を保存するというのは「文化」なんですよね。

なんて、一人静かに感動していると、文化財課の方から、琉球犬保存会設立メンバーで、元会長の新垣義雄さんに連絡することを薦めていただきました。

新垣さんは、「生きた文化遺産・琉球犬ブログ」で琉球犬について、また保存会設立への経緯なども詳しく書かれています。
早速、メールをお送りしたところ、「ぜひ遊びに来てください」という温かいお返事が!
勇気を出してお願いしてみてよかった!

そして来沖。
あいにくの雨でしたが、レンタカーを借りて小さな菓子折りを持って、新垣さんのお宅へと向かいました。

(続く)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください