ありをりあるな日常の始まり

Pocket

みなさん、はじめまして!むとういくこと申します!
本サイト編集長です。

この「ありをり日誌」は、むとうの能天気な毎日をお知らせしていこうというセクションです。 最初の投稿ということでご挨拶がわりに自己紹介を少し。

現在、わたしは、埼玉のとある田舎町で生活をしています。生まれ故郷なのですが、生活するのは13年ぶりです。13年と言えば、赤ちゃんが中学生になれるくらいの歳月を経てますから、 いろいろ変わったりして、ほぼ初めて暮らす場所という感じです。 すべてがものすごく新鮮! 自宅から20分ほど歩けば、田んぼが広がります。散歩してたら、車道を鴨の家族が横切っていたり、池にカワセミがいたりします。そして、高層建物は全くないので、空が広い!

……いい。いいですわ!!

私は、大学卒業とともに出版社に就職し。10ウン年、ほとんど休みなく働いていました。最後に勤めていた会社はアウトドア系の出版社だったんですが、とはいえ、出版のお仕事はものすごくインドア+夜型です。忙しすぎるのでまとまった休みも取れず、会社と家をひたすら往復する毎日。絵にかいたような不健康さ。

そんな生活から考えたら、今の生活は天国のようです。 仕事柄、週に何度かは打ち合わせや取材で都内にいますが、6割はこののんびりしたいなかにオフィスを構え、生活しています。最近では、県下の友人、知り合いも増えてきました。出版だけでなく、いろんな職業の方と関わり始めています。そういう出会いが、本当にうれしい。これこそ「宝物」です。

最近、同じような考え方の方が増えてきているような気がします。もっと人間らしい生活がしてみたい。地面を感じたい、自分が生まれた場所をもっと元気にしたい……。最近そんな熱い思いを持った方たちによく出会います。そして、私も微力ながら少しでも貢献したいと思っています。

先日、とある先生のご本をお手伝いしていた際、ありがたい言葉をいただきました。 「むとうさん。あなたがこれからも大切にするべきなのは、その人とつながる才能だよ。それはこの変革期で何が起こるか分からない世の中でもっとも大切な才能なんだから」。

そうです。人とつながる、ということが私の目標であり、喜びなのです。才能というのはおこがましいかもしれませんが、その喜びのためにこれからも楽しく頑張っていきたいと思っています。そして死ぬ瞬間に「宝物、いっぱいいただいたな~」と思って死ぬのが目標です。

ぜひ、みなさん。私たちの「宝物」になってください。まだまだ小さなサイトですがわくわくするような楽しい出会いやご報告でいっぱいにしていきたいと思っています。 皆さんのご支援、ご協力、なにとぞ宜しくお願いします!

むとういくこ 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください